WiFiの知識

VDSL方式の通信速度を上げる方法ってある?

投稿日:

インターネット回線への接続サービス、最近では光回線が主流になってきた。
ただ集合住宅での光回線契約ではちょっと気になるところも。

例えば光回線を契約していても、建物がVDSL方式での分配なら通信速度は
あまり速くならないって噂もある。

VDSL方式では本当に通信速度が速くならないのか。
通信速度を上げる方法などもないのか、ちょっと調べてみた。

VDSLでは通信速度の上限が決まっている

はっきり言ってしまうと、VDSLの場合は通信速度の上限が決まっている。
そもそも国際規格で決まっている通信方法だから。

その国際規格によると、VDSLの通信では上り下りともに100Mbpsという
最高速度での通信が出来る規格となっている。

つまりVDSLを使っている以上、100Mbpsという通信速度が最高値になる。
しかもベストエフォートなので実際にはもっと通信速度が下がる。

現在の光回線では下り1Gbpsというのが普通のサービスになっている。
この光回線の性能を十分に引き出すことができない、という印象だね。

でもVDSLの通信速度を上げるということは出来ないのか。
もっとVDSLの通信について調べてみようかな。

VDSLとはデジタル加入者線サービスの1つ

まずVDSLとはどんなサービスなのか。
大きな意味でいうと「デジタル加入者線のサービスの1つ」ということになる。

デジタル加入者線というのはツイストペアケーブルを使った通信サービスの総称で
日本ではADSLなんかが有名。

つまりこの何とかDSLというのがデジタル加入者線、ということになる。
VDSLも当然この仲間の1つということに。

ちなみにVDSLはADSLよりも高速通信が可能なんだけど、あまり長い距離を
通信した場合にはノイズがとても多くて使い物にならない。

元々が100mから1.5km程度の通信を目的に開発されているので、それ以上の
距離を通信するのには向いていない。

そこで日本では集合住宅の中で光回線を分配するために使う、分配方式の1つに
VDSL方式を採用しているというわけ。

ちなみに以前は地方都市でVDSLによる通信サービスも提供されていたけど
実際にADSLよりも高速通信が出来るのは基地局から1km以内の契約者のみ。

それ以上離れてしまうとADSLのほうが通信速度は高くなるので、あまり使い勝手は
良くないという印象だね。

通信速度の単位の補足

ちょっと補足すると、ADSLよりもVDSLの通信速度が高い理由としては使っている
周波数帯の違いがある。

VDSLのほうが高周波数帯、最高30MHzという周波数帯を使うので一度に運べる
データ量が多くなるから。

この周波数を表すHzという単位は電波が1秒間に何回振動するのかということ。
パソコン関係で言えばCPUのクロック周波数でよく見られるよね。

そして通信速度で使われているbpsというは1秒間に転送されるデータ量のこと。
略さず書けばBits Per Secondということになる。

VDSLの100Mbpsというのは1秒間に100Mbの転送が出来る、というわけ。
ただ間違いやすいのはbyteではなくbitということ。

つまり1MBは8bitなので100Mbpsだと転送量は12.5MBということになる。

それと通信速度の単位にはもう1つ、ボーという単位がある。
これはbpsとは違って変調レートでの通信ということになる。

一時期、転送レートのことを「ボー・レート」と呼んでいた事もあってbpsと
混同している人も多いらしい。

実際にはボー・レートというのは誤用で、bpsとボーは同一の数値にならない。
かなり面倒な計算があるので説明が難しいんだけど・・・

単純に「ボー」というのは1秒あたりの電波の変調の回数、と覚えておこう。
変調方式によって通信速度、bpsが変わるということも補足しておく。

日本で主に使われているVDSL方式とは

VDSLのことが分かってもらえたところで、実際に日本ではどんな使われ方を
されているのか。

さっきちょっと説明した「集合住宅の光回線分配方式の1つ」がVDSL方式。
これが日本で最も多く使われているVDSLになる。

日本の場合、基本的に建物には1つのブロードバンド回線しか設置できない。
集合住宅の場合は、その設置された回線を住居者で分配して使うことになる。

光回線もブロードバンド回線なので、アパートやマンションには光回線を1つだけ
設置することになる。

共有部分まで引き込んだ光回線は、それぞれの建物で採用されている分配方式で
それぞれの契約した家庭に分配される。

その分配方式の1つがVDSL方式というわけ。

そしてその他の分配方式には「光配線方式」と「LAN配線方式」がある。
それぞれの分配方式についても確認をしておこう。

VDSL方式は電話回線を使った分配方式

まずはVDSL方式について。
こちらは先ほど説明したとおり、ツイストペアケーブルを使った分配方式になる。

ではツイストペアケーブルとは何なのか。
単純に言えば電話回線で使っているメタル回線のことです。

アパートやマンションには最初から電話回線が設置されていることが多く、新しく
回線を設置する必要がない。

これが大きなメリットとなって、以前はかなり多くの集合住宅で利用されていた
分配方式がVDSL方式だった。

すでに設置されている電話回線を使うので、契約者の室内工事が必要ないのもメリット。
ただしメタル回線を使うのでVDSLモデムが必要になる。

VDSLモデムは回線業者からレンタルできて、郵送されるので自分で設置することに。
デメリットはやはり下り100Mbpsが最高速度ということ。

光配線方式は後から光コンセントをつけることも可能

最近かなり多くなっているのが光配線方式だね。
こちらは引き込みをした光回線を光ファイバーケーブルで分配する方式になる。

電話回線のように建築時に壁に光ケーブルを埋め込んでしまえば、多機能コンセントから
直接光回線を接続させることも出来るようになるのが魅力の1つ。

またすでに建築が終わっている場合でも、壁などを沿わせて光ケーブルを設置することも。
その場合はエアコンダクトの穴から引き込みをするので、その近くにコンセントが出来る。

分岐先にも光ファイバーケーブルを使うので、光回線の本来の通信速度が保たれるのが
かなりの魅力になる。

ただし光回線を室内まで直接引き込むことになるので、回線工事には室内工事が必要。
立ち会い工事になるので工事日程の調整が難しいというデメリットも。

ほとんど見ることがないLAN配線方式

一応光回線の分配方式にはもう1つ、LAN配線方式というのがあるんだけど・・・
はっきり言えばこれを見ることはほとんどない。

分配方法としては橋梁部分まで引き込んだ光回線はそのままONUに接続される。
そのONUからLANケーブルを使って分配するのがこの方式。

一戸建て住宅に光回線を設置して、ONUとルーターを設置する。
そのルーターから各部屋までLANケーブルを伸ばしてインターネットを使うって印象。

これと同じことを集合住宅全部でやっているのがLAN配線方式。
ただしLANケーブルを後から各部屋に配置することが出来ない。

基本的には集合住宅建築時に壁にLANケーブルを埋め込んで、各部屋それぞれに
LANコンセントを作ることが必要になる。

接続自体はLANコンセントにケーブルを挿すだけでインターネットに接続できる
というメリットがあるんだけど。

そもそも建築時にLAN配線方式を選んでいる集合住宅を見ることが少ないので
必然的に見かけることが無い、という珍しい分配方式になっているね。

今でもVDSL方式を使っている集合住宅は多い

光回線の場合、基本的にはこの3つの方式で回線分配をしている。
と言ってもLAN配線方式を見かけることはほとんどないけど。

それに光配線方式が普及し始めている、といってもやはり古いタイプの集合住宅では
VDSL方式を使っているところも多い。

新しく配線を設置する必要がなく、コスト面でも優秀なので管理会社などからは
評判がいいということだろうか。

ただ入居者から考えると、VDSL方式を嫌うという場合も多い。
理由はやはり通信速度が関係していると考えられるんだけど。

だから新築の集合住宅、特に若い人に向けたアパートなどは光配線方式を最初から
導入しているところも増えている。

インターネット回線サービスは、今ライフラインの一つと言われるほど普及しているし
生活に必要なものでもある。

それを快適に使いたい、と思う人も多いということかな。
実際にはVDSL方式の建物も多いんだけどね。

VDSLは複数人数で使う事が前提なので通信速度を抑えている

VDSL方式の集合住宅で人気がない理由としては通信速度が遅い、という意見が多いから
という予想ができる。

確かに光回線を使っているのに下り最速100Mbpsというのはちょっと気になるところ。
口コミなどを見てみるとかなり辛辣な意見を出している人も見かける。

じゃあ何でVDSLは上り下り100Mbpsなんだろうか。
先ほどちょっと説明をしたけど、VDSLは国際規格で100Mbpsが出せる技術となっている。

この下り100Mbpsというのは一節によると、そもそもVDSLでは複数のユーザーが
同時にインターネット接続をする事が前提となっているから、と言われている。

集合住宅の分配方式としてVDSL方式を使う場合、光回線を契約者全員で使うことになる。
その場合、1人ずつの通信速度の制限をしなければ回線を平等に使えなくなる。

だから下り100Mbpsという制限をつけている、という意見がある。
確かにVDSL方式に限らず光回線でも大人数で同時に通信をすれば速度は遅くなる。

VDSL方式の場合はこの通信速度への影響がかなりわかりやすいから、それぞれの回線で
最高速度下り100Mbpsという制限をつけたというのは確かにわかりやすいよね。

メタル回線が周囲の影響を受けやすいのも理由の1つ

通信速度に関してはもう1つ、VDSL方式で使っているのがメタル回線だからという意見。
メタル回線とは一般的には電話回線に使われているケーブルのこと。

一応メタル回線といえば0.35㎜~0.9㎜程度の太さを持った銅線を使った通信ケーブル
と言われています。

人によってはメタリックケーブルやメタルケーブルという人も。
一般的には金属回線の総称のはずなんだけど。

今では光回線ではない通信網ということを強調するために使われることが多い。
基本的にはADSLやVDSL方式で使われている通信方法だからかな。

電話回線として使われているので基本的にアナログ信号を通すためのケーブル。
周波数を変えることでデータ通信と音声通信を同時に行うことも可能。

ただ光ファイバーケーブルと違って、周囲からの電波干渉など影響を受けやすく
通信距離が伸びるほどデータ転送の減衰が激しくなる。

当然通信速度も落ちるので、インターネット回線としては基地局近くではないと
高速通信が期待できないという状況。

ちなみに最近では電話回線としても光ファイバーケーブルを使っている地域も増えて
メタル回線が無くなってきている。

つまりADSLでの通信ができる地域がとても少ないという状況。
ただADSLはすでにサービス終了が決定しているので大きな問題ではないけど。

自宅がVDSL方式になるのは光回線を設置できないから

理論上の最高速度が光回線サービスよりも遅いVDSL方式での分配になってしまうのは
どうしてなのか。

普通に考えれば、どの建物でも光配線方式にすればユーザーからの不満もなく
速い速度でインターネットが出来るようになるのに。

一番多いと言われている理由には「建物に光ファイバーケーブルが設置できないから」
ということかな。

光回線で使っている光ファイバーケーブルはかなり繊細なケーブルなんだ。
はっきりいうと折り曲げに弱いって弱点がある。

急な角度で折り曲げてしまうと、ケーブルが内部で断線してしまうんだ。
だから建物の構造上、光ファイバーケーブルの設置することが出来ないって場合も。

光配線方式が選べないなら別の分配方式を使うしか無い。
LAN配線方式は難しいのでVDSL方式になる。

それにVDSL方式なら最初から配置されている電話回線を使うので、新しく回線を
設置する必要もなくなる。

コスト面でも負担がかからないからVDSL方式にしている、という意見もある。
選んでいる理由は、多分このどちらかだと。

VDSL方式にもメリットはある

色々と調べてみても、ユーザーにとってはVDSL方式での通信ってのはあまり大きな
魅力を感じるところがない。

ではVDSL方式には全くメリットがないのか。
実はそんなこともない、というのが一応言われている。

じゃあVDSL方式にするメリットにはどんな物があるのか。
それも確認してみることにしよう。

VDSL方式の特徴をまとめてみると

・ すでに設置されている電話回線を使ってインターネット接続をする
・ 室内では光ファイバーケーブルを使わないので装置の設置はユーザーが出来る
・ 建物内部の配線を気にする必要がないので光回線導入が簡単

これだけ見るとメリットがあるのは基本的にマンションなどの管理会社や管理人で
ユーザーにとってのメリットが見つからない。

月額料金は基本的に変わらないし、レンタル器材が必要なことも一緒。
VDSL方式のメリットはユーザーに対するものじゃない、という印象になる。

VDSL方式のデメリットはノイズに弱いこと

ではVDSL方式を使うデメリットについても確認してみよう。
とりあえず最高速度の理論値が下り100Mbpsになる、のは確実。

それ以外にも電話回線を使うことによるデメリットっていうのも出来る。
VDSL方式の特徴的なデメリットがこれ。

元々VDSL方式で使っている電話回線では周囲からの電波障害を防御するための
シールドが強力にされているわけじゃないんだ。

つまり外部からの電波干渉の影響を受けやすい、という特徴がある。
それが光回線で使われているということに。

電化製品のそばにケーブルを通していると、電化製品を使っている時には通信速度が
遅くなるという可能性がでてくる。

最悪の場合は通信が途切れてしまうということも。
通信速度と安定性に関しては、かなりの大きなデメリットがあるという印象になる。

建物の分配方式を見分けるには多機能コンセントなどを確認

マンションやアパートで、光回線の分配方式に何が使われているのか。
確認するのは、とりあえず不動産業者に聞くのが確実です。

すでに入居しているなら契約書などもあるはず。
その中には建物に関する説明も書類にしてくれているかと。

それを見れば確実ですし、不動産業者なら建物全体の状況も把握しているはずなので
インターネット回線の分配方式がどれなのかを教えてもらえる。

でもわざわざ不動産業者に連絡するのはちょっと・・・という人も多いかと。
その場合には室内を確認してみるのがおすすめ。

光配線方式なら光コンセントが設置されている。
後から付けた場合にはかなりわかりやすく光ケーブルの差込口がどこかに付いている。

最初から光ファイバーケーブルを壁に配線しているなら、多機能コンセントに
光ケーブルの差込口があるのでそれを探す。

光コンセントがあれば光配線方式で、LANコンセントがあればLAN配線方式となる。
何もなければVDSL方式の可能性は高い。

現在すでに光回線サービスに加入しているなら、回線終端装置を見ればすぐに分かる。
ONUなら光配線方式でVDSLモデムならVDSL方式ということ。

回線終端装置からでているケーブルが光コンセントにつながっていればONUで
モジュラージャックにつながっていればVDSLモデムということになる。

VDSL方式を光配線方式にするのは難しい

ユーザーにとってのメリットが見つからない、というVDSL方式での通信はしたくない。
それならVDSL方式を光配線方式に変更することが出来るのか。

はっきり言えばかなり難しいかと。
多分だけどかなりハードルの高い条件がある。

まず契約者が一定数以上いること。
最低でも8戸以上が光回線の契約をしているという条件になるかと。

そして光ファイバーケーブルを設置することの承認をマンションの理事会や
アパートの管理人に承諾させること。

その工事費用がどこから出るのか、住民が支払うなら分割回数や家賃の変更がないかの
確認も必要になる。

それを回線業者に連絡して、工事の承認が降りれば光配線方式の工事が出来る。
はっきり言って1ユーザーが出来ることじゃない。

さらに言えばVDSL方式を使っている理由は光ケーブルの設置ができないから
という理由の場合も多い。

つまり最初から光配線方式を利用できない、という状態の可能性は高いんだ。

裏技として個人で光回線サービスの戸建てプランに加入する

集合住宅全体を光配線方式に変更することは難しい。
でもユーザー1人でもできる可能性がある方法も、実はあるんだ。

それが「個人で戸建てプランの光回線サービスを契約する」って方法。
一戸建てと同じように部屋に直接光ケーブルを引き込んでもらうことになる。

この場合も当然だけど管理会社、大家さんなんかの承諾が必要になる。
光ファイバーケーブル引き込みの時に外壁に金具をつけると傷つけるからね。

後は電柱と部屋の位置関係など、物理的な問題をクリアできれば集合住宅でも
戸建てプランでの契約が可能になる。

これなら自宅に引き込みをした光回線はその家のユーザーだけで使うから
時間帯によって通信速度が遅くなる、なんてことも少なくなる。

光ファイバーケーブルしか使っていないから通信速度も下り1Gbpsが最高値になる。
これなら管理している人の許可をもらえば出来るのでハードルも低い。

各社の一戸建ての光回線サービスを確認してみる

光回線サービス自体もかなり数が増えている現状、提供されているサービス名と
その料金がかなり豊富になっている。

そこで現在提供されている光回線サービスでも、一戸建てで契約できるプランについて
改めて確認してみよう。

月額料金も合わせて調べておくので、契約を考える時には参考にどうぞ。

・ フレッツ光

フレッツ光ネクスト ギガタイプ ファミリープラン
データ転送速度が概ね1Gbpsで月額料金は5,400円。

ただしこれの他にプロバイダと契約が必要で、そちらにも月額料金がかかる。

フレッツ光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ
データ転送速度が概ね200Mbps程度で月額5,200円。

やはりこちらもプロバイダの契約が必要で、当然月額料金も加算される。

・ ドコモ光

1ギガタイプA、1ギガタイプB
ドコモ光の場合契約できるプロバイダが20社以上あり、プロバイダで料金が変わる。

タイプAは月額5,200円だけどタイプBは月額5,400円になる。
プロバイダの違いだけで回線は同じフレッツ光ネクストのギガタイプ。

大手プロバイダがタイプAに登録しているので、好みがないならタイプAがおすすめ。
ドコモ光は光コラボなのでプロバイダ料金も含まれた月額料金でお得感が高い。

・ ソフトバンク光

ファミリー・ギガスピード、ファミリー・ハイスピード、ファミリー
月額料金は2年契約で5,200円。

他にもTVオプションをつけると月額4,700円になる5年契約もある。
ただしこちらはTVオプションの月額料金が750円必要になる。

ソフトバンク光も光コラボなのでプロバイダ料金を含んだ月額料金。

・ auひかり

ずっとギガ得プラン
3年契約の自動更新プランで月額5,100円、プロバイダ料金は含まれている。

ギガ得プラン
2年契約の自動更新プランで月額5,200円、こちらもプロバイダ料金込み。

標準プラン
継続契約無しでいつでも解約可能、月額料金は6,300円。

光コラボと同じようなサービス内容だけど、auひかりは光コラボじゃないので
注意が必要。

月額料金はマンションタイプよりも高くなる

今回は各社の定額プランの名前と月額料金を確認してみた。
最近では光回線でも二段階定額プランが提供されるようになっている。

ある程度の通信容量までは安く、それを超えた通信をすれば料金が上がっていく。
スマホでおなじみのプランだね。

でも光回線の通信速度を気にするような人が、少ないデータ通信でインターネットを使う
ってことが考えにくかったんで今回はスルーした。

一戸建ての料金プランを確認してみると、全ての場合で月額料金が高くなる。
光回線を分配せずに使うから当然といえば当然か。

VDSL方式でも状況によっては遅いとは感じない

色々と方法を考えてみたけど、やっぱりVDSL方式でインターネットをするしか無い
という場合も考えられる。

じゃあ本当にVDSL方式の通信は遅いのか。
口コミを調べてみると、意見が別れていることに気がついた。

確かに通信速度が遅い、ADSLよりも遅いという意見を見ることが出来る。
実際に速度計測したときの写メをアップしている人もいるし、遅いんだろう。

でもそれだけじゃない、普通に使えているという意見を見ることも出来る。
中には下り50Mbpsという速度計測の結果をアップしている人もいた。

この速度計測の結果が本当にVDSL方式の建物で計測されたのか、と言われると
確認する方法なんて無いけれどね。

でもVDSL方式の建物でインターネットをしている人の中には、十分快適に
通信ができている人もいるらしい。

30Mbps程度の通信速度があれば高画質動画もスムーズに見ることが出来る

VDSL方式では下り最速100Mbpsという制限がある。
でも実際には下り20Mbps程度は十分にでているという意見も多い。

じゃあ下り20Mbpsというのはどれくらいの通信速度なのか。
はっきり言えばかなり快適にインターネットが出来るくらいの速度だよね。

一般的なネットサーフィンに必要な通信速度は下り10Mbps程度らしい。
最近では高画質の写真や動画もホームページに多くなった。

それでも下り10Mbpsあれば十分に、重たいサイトでもストレスなく見ることが出来る。
文字だけのサイトなら下り5Mbpsあればとても快適なはず。

動画配信サイトでも下り15Mbpsあれば普通の動画を見るには問題はない。
下り30Mbpsもあれば高画質動画でも快適に見ることが出来る。

つまり下り100Mbpsという制限があってもVDSL方式が必ず遅いと感じることはなく
場合によってかなり快適に使えるという印象になるんだ。

オンラインゲームのプレイヤーは注意が必要

ただしどんな状況でもVDSL方式で快適にインターネットが出来るわけじゃない。
人によってはやっぱり遅い、という人もいる。

特にオンラインゲームをプレイする人、中でもガチ勢にはVDSL方式では厳しいかも。
ちょっとのタイムラグでもプレイに影響が出る、という状況ではおすすめできない。

多人数同時参加のFPSをプレイしている人は通信速度や応答速度の遅さがそのまま
プレイに反映されるという状況が許せないはず。

特にVDSL方式では夜間など人が多く集まる時間帯に遅くなる傾向がある。
通信速度が安定しない状況でのプレイに我慢できないという意見も多い。

プロのeスポーツプレイヤーを目指すなら、住居を選ぶときから回線のことを含めて
不動産業者に相談することをおすすめするよ。

IPv6サービスを使うことで多少の速度改善が期待できる

光回線の通信速度を上げる方法として注目されているのがIPv6方式の通信だね。
今ではかなり多くのプロバイダがサービス提供をはじめている。

IPv6方式の通信は、今まで使っていたIPv4方式の通信、PPPoE方式に対して
IPoE方式と言われる全く別の通信方式を使ったサービスなんだ。

ただし今までとは全く違うので、プロバイダからサイトまで全てが対応する必要がある
という欠点もある。

そこで今までのPPPoEとIPoEを両方使えるようにしたコンパチの通信方式
IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6という通信方法が提供されるようになった。

これに対応しているプロバイダならIPv6とIPv4どちらの通信もできるので今までの
サイトを見る時にも通信速度が速くなる可能性がある。

ではこのIPv6方式の通信サービスを使えばVDSL方式でも速くなるのか。
一応通信速度が速くなる期待は出来る、ということみたい。

ただ回線の性能上、下り最速100Mbpsという速度制限に変わりがない。
だから今まで快適に使えた人が更に快適になる可能性は低いんだ。

IPv6方式で確実に回避できるのはプロバイダの混雑だけ。
集合住宅自体の混雑は回避できないけど、通信速度が上る可能性はある。

VDSL方式も更に高速化する可能性がある

現状すでにサービスが開始されている新しいVDSL方式の通信サービスもある。
それがG.fastだ。

これは今までVDSL方式で使っていた電話回線はそのままで、インターネット回線の
分配に使っていた機材を交換することで使える高速通信規格の1つ。

MDF室なんかに光回線の分配器があるんだけど、それをG.fast対応の機材にすることで
上り下り合わせて1Gbpsという高速通信が出来るようになる。

注意点としては「合わせて」1Gbpsだから、下り800Mbps上り200Mbpsか
下り500Mbps上り500Mbpsってことになる。

それでも今までのVDSL方式に比べるとかなり最高速度が高くなることに。
それに伴って平均的に通信速度が上がることにも期待ができるってわけ。

もう1つの注意点は、対応しているVDSLモデムも必要になる。
今まで使っていたモデムでは下り100Mbpsが変わらないんだ。

ちなみにauひかりのマンションタイプでは一部すでにこのサービスが実装されている。
VDSL方式だから遅い、ということはない。

更に通信速度が高いXG-FASTも出来る

しかもG.fastだけではなく、更に通信速度の向上が見込める新技術も開発されている。
それがXG-FASTという。

上下合わせて1Gbpsが出せるG.fastに対してXG-FASTでは10Gbps未満の通信速度が
期待できる、と言われている。

完全にG.fastの後継機という位置づけになっているようで。
こちらもKDDIやNTTが導入を検討しているという噂も。

対応商品の開発も2020年を目処に進められている、ということなので近いうちに
更に速いVDSL方式の通信サービスが見られる日が来るのだろう。

実際に導入できるのかはかなり厳しいところ

確かにVDSL方式でもかなりの通信速度が出せる、という機材が開発されている。
実際にすでにサービス提供されているので、使っている人もいるかと。

でもこれらの高速通信が出来るVDSL方式が普及するのか、と言われるとかなり疑問。
理由としては機材が高額で導入するのが難しいという状況だから。

すでに商品化されていて、サービス提供も始まっているG.fastも集合受託のMDF室に
設置する機材は45万円もする。

これに合わせて契約しているユーザーのVDSLモデムも交換する必要がある。
それをユーザー負担ではなく、業者負担でやるとなるとかなり厳しい状況になる。

しかもそれが集合住宅で導入するという状況になれば、後から導入することも出来る
と言っても購入したいというマンションの理事会がどれだけいるか・・・

普及するためにはもう少しコストが下がる必要があるかと。
確かにVDSL方式でも速くなるという魅力はあるが、厳しいところだね。

VDSL方式のまま通信速度を上げる方法

現状VDSL方式の集合住宅から引っ越しをする予定がない、でもインターネットの
通信速度は速くしたい。

それならばVDSL方式でも通信速度が速くなる方法がないか、考えてみた。
一応色々と方法を試すことは出来るかと。

多少でも効果があれば、思った以上に快適になる可能性もある。
そこで細かなことだけど、通信速度が少しでも向上するものも含めてみた。

どうしようもなく遅い、という状況を改善することは難しいけれど・・・
VDSL方式で通信速度を上げる方法を考えてみた。

LANケーブルを交換してみる

とりあえずコストもそれほどかからずに簡単にできる方法として。
今使っているLANケーブルを別のケーブルに交換してみる。

VDSL方式では周囲の状況に影響を受けやすい。
特に電波干渉での通信速度低下はかなり考えられること。

それならせめて室内にあるケーブルで電波干渉を改善してみる、という方法。
できればモジュラーケーブルも電波干渉しにくいものに交換したいところだけど。

モジュラーケーブルはとても電波干渉に弱いので、壁のモジュラージャックから
VDSLモデムまではなるべく短いケーブルでつなぐ。

VDSLモデムからはWiFiか有線LANで接続になるので、このLANケーブルを
電波干渉しにくいCAT6以上のケーブルに交換する。

ちょっとコストがかかるけどCAT7以上のLANケーブルを使えばほぼ電波干渉を
防ぐことが出来るようになる。

室内での速度低下を防ぐためにLANケーブルの交換は簡単で効果が期待できる方法かと。

WiFiルーターを交換する

有線、無線問わずにルーターというのは通信速度に大きく関係します。
そこでWiFiルーターを高性能の商品に変更してみる、というのも一つの方法かと。

WiFiルーターがエントリーモデルなど、安いタイプの場合にボトルネックになりやすく
通信速度が遅い原因となることも。

それを防ぐためにも高性能のWiFiルーターに交換することでボトルネックをなくして
スムーズな通信が出来るようになる、という期待も。

最新の高性能モデルでも1万円ちょっとくらいで購入できるはず。
多少の出費が痛いけれど、通信速度が高くなる期待は出来る。

ただ現状すでに高性能モデルのWiFiルーターを使っているなら効果は期待できない。
あくまでも現状よりランクが上の商品に交換した場合に速度が速くなるかも、という程度。

IPv6方式の通信サービスに加入する

先ほど説明したとおり、IPv6方式の通信サービスならVDSL方式でも通信速度が上がる
という可能性には期待ができる。

注意点としては最大100Mbpsという通信速度の上限は変わらない。
それにプロバイダによってはIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式ではないので速くない。

あくまでも今までの通信方式と併用できるIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式のサービスが
速度向上に期待ができるということ。

現状IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式以外のサービスを提供しているところは少ないけど
あまり聞いたことがないプロバイダの場合は注意をしようね。

それとIPv6サービスは対応したWiFiルーターやホームゲートウェイが必要。
ホームゲートウェイのレンタルをしていないならWiFiルーターの購入コストもかかる。

対応プロバイダによってはWiFiルーターのレンタルもあるけど、当然月額料金がかかる。
購入とどっちがいいのか、よく考えてね。

一戸建てプランに乗り換える

これもさっき説明したけど、あまり現実的ではないんだよねえ。
今マンションタイプに加入していて、解約してファミリータイプってのいうのも厳しいし。

大家さんや管理会社に許可をもらって、回線業者に下見をしてもらって工事ができるか
確認してもらう。

それでやっと工事日程の調整なので、実際に開通するまでかなりの時間がかかる。
場合によってはその間に引っ越しをすることになる可能性も。

そもそもその建物に光回線が設置できないからVDSL方式になった、という可能性もある。
これは「やってやれないことはない」程度の方法かな。

光回線を止めてモバイルルーターにするという方法も

光回線の安定した高速通信は、大容量の通信でも気にせずに出来るという魅力もある。
それが必要ないならいっそ光回線を止めてしまうという方法も。

集合住宅の場合、どうしても周囲の状況によって通信速度が大きく変わる。
特に混雑している時間帯にはどうしても速度が遅くなることが多い。

インターネットをしたい時間帯に下り10Mbpsも出ない光回線では快適とは言えず
それならもう光回線を解約してしまうという方法も。

それほど通信速度は気にならない、というならモバイルルーターの無制限プランでも
下り最速150Mbpsというサービスが多くある。

あまりデータ通信容量を必要としないならWiMAX2+など上限があるけど通信速度も
かなり出せるというサービスもある。

モバイルルーターなら持ち運びができるから、スマホのデータ定額パックを少なくして
通信コストという総合的なコストを削減するという期待もできる。

使い方によっては十分に光回線の代わりができるモバイルルーターという選択肢も
考える価値はあるかと。

VDSL方式の全てが遅いわけじゃない

確かにVDSL方式の通信速度は遅いと言われている。
その通りに口コミなどでもかなり厳しい状況で使っているユーザーが居るのも事実。

でもVDSL方式の全てが遅いわけじゃない。
状況によっては十分に快適なインターネットができる可能性はある。

多くの人に言われる「下り100Mbpsの縛り」というのは実際にそれほど気になる
というほどのことではない。

インターネットを使ってみればわかるけど、下り80Mbpsも出ていればかなり快適に
色々なことが出来る。

仕事の関係上どうしても下り100Mbps以上の通信速度が必要、という人以外には
十分対応できるはず、まあそんな仕事あるのか知らないけど。

それにVDSL方式でも通信速度を上げる方法はある。
特に期待値で言えばIPv6方式はかなり可能性が高いかと。

細かなことも組み合わせてやれば、VDSL方式でも十分に高速通信の期待は出来る。
ただ必ずといえないところではあるんだよね。

どうしても通信速度が改善しないなら光回線以外の方法を検討する。
まずは出来ることからVDSL方式の速度改善方法を試してみよう。

-WiFiの知識

Copyright© おっさんのWiFi日記 , 2020 All Rights Reserved.