WiFiの知識

HUMAXのルーターが繋がらない時にはどうする?

投稿日:

ケーブルテレビではインターネット回線接続サービスも提供していんだね。
全国展開のJCOMでもそのサービスを利用することができる。

ただJCOMのサービスはちょっと特殊で、インターネット回線契約時のオプションで
WiFiルーターをレンタルするとあまり聞いたことがないメーカーの商品が届くことに。

そんなメーカーの1つ、HUMAXのルーターが繋がらないという状況になった時に
どんな対処をすればいいのか考えてみよう。

JCOMのケーブルモデムは無線LAN機能付きルーターのこと

最初に一つ注意点を。
JCOMでレンタルできるケーブルモデムというのは、無線LAN機能付きルーターこと。

一般的にWiFiルーターと言われるもので、これのことをJCOMではケーブルモデムと
呼んでいるようだけど・・・

基本的にモデムとルーターは全く別のものなんだよね。
使い方も違いますし、機能としても別のものなの。

でも一部の人が光モデムやインターネットモデムという言い方をするのと同じように
JCOMでも同じように考えてサービス提供をしているようだね。

まずは簡単にモデムとルーターの違いを確認しておこうか。

モデムとはアナログ信号とデジタル信号の相互変換器のこと

モデムは簡単に言えば「アナログ信号とデジタル信号の相互変換器」のこと。
アナログ信号をデジタル信号に、その逆の変換をするための機材がモデム。

以前は電話回線を使っての通信をする事が、一般的って時代があった。
パソコン通信の時代にも使っていたのは電話回線だった。

ただ電話回線はアナログ信号を通すことが出来ますが、アナログ信号はパソコンで
読み取ることが出来ない。

またパソコンで読めるデジタル信号を電話回線に通すことも出来ないんだ。
そこで電話回線を使う前にアナログ信号とデジタル信号を変換する必要がでてくる。

これを行うのがモデムというわけ。

JCOMでレンタルしているケーブルモデム、という意味ならケーブルテレビ回線を
通すためにアナログ信号に変換しているということになるんだけど・・・

その変換自体はセットトップボックスで行っているので、HUMAXのケーブルモデムは
信号の変換をしているわけじゃ無いんだよね。

ルーターは複数の端末を同時にインターネット接続させるための機材

ルーターは簡単に言えば「複数端末をインターネット接続させるための分配器」のこと。
モデムのような回線終端装置には同時に複数の端末を接続させる機能がついていない。

そこでルーターをモデムなどの回線終端装置につないで、そこの複数の端末をつなぐと
混戦せずに同時にインターネット接続が出来るようになる。

単純に回線を分岐させるのではなく、高速道路の料金所のように交通整理のように
通信回線の混戦を防ぐことも出来るのがルーターという機材だね。

ちなみに回線を分配するだけならスイッチングハブでも出来るんだけど。
ただしルーター機能がないので、同時に端末を接続するとネット接続ができなくなる。

JCOMでレンタルしているケーブルモデムにはこのルーターに無線LAN機能を
搭載して、WiFiでの端末接続が出来るようにしたものということ。

つまりケーブルモデム、という名前なんだけど機材としての機能は無線LANルーター
ということになるね。

JCOMではHUMAX以外のケーブルモデムのレンタルもしている

JCOMではかなり多くの種類のケーブルモデムのレンタルが出来るようになっている。
HUMAX以外にもかなり多くの機種があるんだけど・・・

その多くが日本で馴染みの深い企業のものではないんだよねえ。
HUMAXもそうなんだけど、NECやBUFFALOなどのメーカーがレンタルされていない。

ちなみにHUMAXの他にはBNMUX、CISCO、NETGEAR、Motorola、Lindsys
ARRISなどの企業の商品がレンタル出来るようになっている。

CISCOなど、一部有名なメーカーも有るんだけど、かなり馴染みは少ないかと。

それにケーブルモデム、と紹介すると混乱してしまうので今回は「ルーター」で
統一して説明することにしよう。

HUMAXは韓国に本社のある企業

HUMAXについても確認をしておこうか。
ここは韓国に本社がある企業で、日本法人HUMAX JAPANが設立されている。

電子機器を多く取り扱っているんだけど、主力製品としてスカパーのチューナーや
ケーブルテレビ用のセットトップボックスの制作ってことだね。

以前スカパーブランドでレンタルされていたチューナーにはHUMAX製の商品だった。
それをロゴだけスカパーにして提供していたこともあったんだ。

現在はJCOMでもセットトップボックスの利用があるため、ルーターもレンタル品として
提供されているってことらしい。

現在はドイツ、ドバイなどから現地法人を設立、アメリカ合衆国やイギリスなどにも
事務所をおいている大手企業と言ってもいいのかなと。

HUMAXのルーターが繋がらない時に確認すること

ではJCOMなどでHUMAXのルーターを使っている場合に、インターネットへの接続が
できなくなった時にどうすればいいのか。

繋がらない時にどうすればいいのかを調べてみようか。

まずは状況を確認することが重要になるかな。
インターネットに繋がらない理由は本当にHUMAXのルーターにあるのか。

別のところに理由がないのかを確認することをおすすめするね。
と言ってもインターネット接続が出来ないという状況では出来ることが限られるけど。

基本的には別の回線、スマホでもいいので用意をしておくことがおすすめだね。
これはJCOMなどに限らず、インターネット回線は複数用意することがもしもの時に安心。

JCOMの通信障害情報を確認する

インターネット回線の接続サービスを提供している企業が通信障害を起こしていれば
当然ですがインターネットに繋がらない。

スマホなどの別の回線を使って、JCOMの通信障害情報を確認してみよう。
他のユーザーの口コミ、というのも情報源としては便利に使える。

JCOMの公式サイトに通信障害の情報が掲載されていれば、間違いなく繋がらない。
多分原因はそれ。

後は公式サイトでの発表が遅れている、という場合もあるので一応口コミなども
確認してみることがおすすめだね。

でもメールなどでメンテナンスの情報を受け取っていても、忘れているということも。
JCOMからのメール確認ができればそれもやっておくと更に確実かな。

おれも一度、投函されていた周辺地域のメンテナンスによる通信不能状態のお知らせを
忘れていてかなり焦った記憶があるんだよねえ。

一度冷静になってインターネットに繋がらないことの情報が過去になかったのか
思い出してみようね。

ケーブルの接続状況の確認は重要

多くのところでも言われることだけど、ルーターに接続されているケーブルの状態を
確認することは基本中の基本なのですがやっておいたほうがいい。

いつも使っているインターネット回線が急に繋がらなくなった、という時に
ケーブルが抜けているだけというのは確かに考えにくいんだけどね。

でもLANケーブルは経年劣化で接続端子の爪が割れてしまうということも多くある。
その状況ではかなりケーブルが抜けやすくなっているんだ。

少しの衝撃でもケーブルが抜けてしまい、それが原因でインターネットに繋がらない
という症状が出ることは意外に多くの人が経験している。

後は家具などでLANケーブルを踏んでしまい、それが原因でケーブルが断線している
ということも結構ありがち。

パソコンやルーターに使っているケーブルの状況はぜひ確認しておこうね。

WiFi接続の方法が間違っていないか確認しておく

JCOMでレンタルされているHUMAXのルーターは基本的に無線LAN機能搭載の
モデルが提供されている。

当然スマホなどで使っているという方も多いかと。
最近ではノートPCでも使われることが多くなっているといわれているけど。

この無線LAN機能を使ったWiFi接続の方法が間違っていないか。
こちらも一応確認をしておくと原因がわかりやすい。

基本的に一度設定したWiFi接続の設定が変更されていることは考えにくい。
でもスマホのアプリの不具合、ノートPCの設定のバグなどがある可能性も。

特にスマホの場合、WiFi接続をわざわざ毎回自分で行っているという人は少なく
ほぼアプリでの接続を行っているはず。

外出した時にアプリで別のWiFiに接続した時に、設定が変更されていたという
可能性も少ないのですが考えられるんだよね。

一応ルーターのWiFi接続の方法を確認して問題がないか見ておこう。

HUMAXルーターのWiFi接続の方法

JCOMでレンタルされているHUMAXのルーターのWiFi接続方法は基本的に
普通のWiFiルーターと同じ。

HUMAXの無線LAN機能付きルーター(ケーブルモデム)には本体側面などに
SSIDとパスワードが記載されたシールが貼られているはず。

これを見ながらスマホやノートPCなどでWiFi接続設定をするんだよね。

設定を変更していなければHUMAXルーターの機種と同じ名前のWiFi電波が
SSIDとして設定されているはず。

スマホの設定の中にあるWiFiで見ると、その時に利用できるWiFi電波の一覧が
表示されているんだけど・・・

その中からHUMAXルーターのSSIDに書かれている名前の電波を選ぶと
パスワード入力を求められる。

本体側面に書かれているSSIDに対応したパスワードを入力すればそのWiFiでの
接続が出来るようになる、ってのが基本的な設定方法。

間違いなくHUMAXルーターに接続していることを一応確認しておこうね。

HUMAXルーターのランプの状態を確認する

実は最初にやっておいたほうがいいのがこちらの確認。
HUMAXのルーターのランプの状態を確認すると、ある程度の原因がわかるんだ。

ルーターの機種によって搭載されているランプが違うんだけど、それはJCOMの
公式サイトでも確認が出来る。

HUMAXのルーターで言えば、インターネット接続をするためにはOnlineという
ランプが点灯しているという正常な状態であることが必要なんだよね。

このOnlineランプが点滅、消灯している場合には何かトラブルがあって
インターネットへの接続ができなくなっているということになる。

またEthernet1~4というランプは、それぞれのLANポートに接続している
LANケーブルの通信状態を表示しているランプ。

このランプが緑色で点滅しているなら通信していて、通信速度が100Mbps以下。
オレンジ色に点滅しているなら、通信状態で速度が1,000Mbps以下ということになる。

点灯していなければ接続されていないので、いつも接続しているポート番号が
消えているならケーブルが抜けていることもすぐに分かるってことに。

普段あまり気にしない方も多いんだけど、インターネットに繋がらないという時には
まずルーターのランプの状態を確認してみるのがおすすめなんだ。

HUMAXルーターのランプの状態と意味を確認

ではランプの状態がどうなっていると正常で、どうなっていれば異常があると
判断できるのか。

HUMAXのルーターに搭載されているランプの種類と、その状態について
ちょっと詳しく確認してみることにしようか。

先ほど説明したとおり、このランプの状態はJCOMの公式サイトでも発表されていて
そちらでも確認ができる。

ちなみにJCOMではHUMAXのルーターは2種類採用されているね。
そしてどちらのルーターも搭載されているランプの種類は同じなんだ。

機種によって順番が違うのですが、基本的にはHUMAXのルーターならどちらも
同じランプなので確認は簡単。

Power

電源ランプのこと。
電源が入っていれば緑色に点灯しているはず。

状態異常としては消灯していれば電源が入っていない。
赤く点灯している場合には電源は入っていても低電力状態となっているってことになる。

緑に点灯していないなら基本的には異常な状態ということ。
本体の故障も考えられるので、サポートセンターに相談をしてみよう。

DS

下りのインターネット通信をしている時に点灯するランプ。
契約しているエリアや契約しているプランによって点灯する色が変わる。

基本的に緑かオレンジに点灯しているなら正常に下り通信をしている事になる。

ちなみに下りとはインターネットから情報を自分の端末にダウンロードしていること。
サイトなどを見て写真や記事を端末に表示させている状態のことだね。

US

上りのインターネット通信をしているときに点灯するランプ。
先ほどのDSランプの逆の通信をしているときに点灯、点滅する。

こちらも契約している地域、契約プランによって点灯する色が違っている。
ただし色はDSと同じ緑色かオレンジ色になるそうで。

そして上り通信とは自分の端末からインターネットのクラウドサーバーなどに
情報などをアップロードする通信のこと。

SNSの写真を上げる、などの通信をする場合に点灯しているんだ。

Online

インターネット回線への接続をしているときに点灯しているランプ。
通信を始める時に点滅する、という仕様になっている。

正常にインターネットとの接続ができている状態なら緑色に点灯しているはず。
これが赤く点滅しているならインターネット接続回線の異常があるということに。

同軸ケーブルが抜けかけている、という状態が一番多いのでまずはHUMAXの
ルーターに接続している同軸ケーブルを確認してみよう。

ランプが消えている、消灯しているならHUMAXのルーター自体が機能していない
ということも考えられる。

ランプが消えているならルーターの再起動を試してみるのがおすすめ。
やり方は後ほど説明しようかな。

Ethernet 1 2 3 4

それぞれ本体にあるLANポートの番号に対応している。
点灯していればそちらのポートと端末がケーブルで接続されている、ということに。

通信中は点滅をしていますが、その色が通信速度によって変わってくる。
緑色に点滅している場合は通信速度が100Mbps以下なんだ。

オレンジ色に点滅しているなら通信速度は1,000Mbps以下ということ。
色の違いにも注意をしておこう。

WPS

HUMAXのルーターにはWPSという簡単接続設定の機能があるんだ。
その機能を使っている時にこちらのランプが点滅している。

WPSとはSSIDとパスワードの入力をせずに、簡単にWiFiの接続設定が出来る
とても簡単な機能なんだよね。

詳しくはHUMAXルーターの説明書を見てもらうことになるんだけど。
そのWPS設定中に点滅している。

2.4G

WiFiの周波数帯、2.4GHzを設定でONにした場合に緑色に点灯する。
そのWiFi電波を使って通信をしているときには点滅している。

2.4GHz周波数帯の機能をOFFにすると消灯、つまり消えているんだね。

5G

こちらも2.4Gと同じでWiFiの周波数帯5GHzを設定でONにすると緑色に
点灯している。

やはり5GHzでの通信をすると点滅し、5GHzをOFFにすれば消灯されるのは同じ。

機種によってWPSボタンの位置が違う

WPS機能を使うためにはWPSボタンを押す必要があるんだけど。
HUMAXルーターの場合、機種によってこのボタンの位置がちょっと違っている。

1つはボタンが本体側面に搭載されている。
もう1つの機種では本体前面下部にあるんだ。

かなり細かいところですが、WPS機能を使う場合には気をつけようね。

ケーブルテレビ回線で使うルーターのリセット方法

HUMAXのルーターは、ケーブルテレビ回線を使ってインターネット接続をするので
通常のルーターとはちょっと違ったところがある。

ただちょっとした不具合などで動作がおかしくなった時、または通信速度が安定せずに
遅くなったと感じたときには本体のリセットをするのは変わらない。

普通のルーターでもちょっとした不具合で動作がおかしくなることはよくあるよね。
そんな時にもルーターの再起動はよくやっているかと。

ちなみにルーターはインターネット回線に接続して、ホームページなどから色々な
情報の残り、キャッシュを貯めてしまうことが多くある。

これが貯まってくると動作が不安定になることも多いので、できれば定期的に本体の
リセットや再起動をおすすめするという人もよく見かけるね。

おれとしては基本的に不安定になっていない限り、再起動はしないけど。
ではケーブルテレビ回線のルーターの再起動方法を見てみようか。

同軸ケーブルを確認する

ケーブルテレビ回線の同軸ケーブルはネジ式の金具でしっかりと固定されているはず。
これが緩んでいないか、確認をしてみよう。

ネジが緩んでいるとインターネット接続が不安定になることも多く、回線速度も遅くなる
という状況が起こりやすくなる。

普段はあまり確認をしないところなので、ケーブルの状態の確認も合わせて行うことが
おすすめなんだね。

接続している端末の電源を切る

インターネットに接続していないことが分かっている、という状況ならなにかの端末
パソコンやスマホをルーターに接続しているはず。

これらの端末の電源を切って、ルーターとの接続を一旦中止しておこう。
ルーターとの回線を切るだけではなく、機材の電源を落としておくことがおすすめ。

一応ルーターの電源に関することをやるので、万が一接続している端末に不具合が
出る可能性をなくすためにも電源を切っておくと安心できるし。

ルーターの電源を抜く

ルーター本体にはACアダプタが接続されているよね。
それのプラグが本体にあるので、そのプラグを本体から引っこ抜く。

抜いた後は最低でも10秒ほど放置しておいてからプラグを差し直す。
一応1分くらい放置をしておくとルーターを完全にリセットすることが出来るかと。

リセットすると言っても設定などは残っているので、あくまでもキャッシュなどの
情報をリセットすることが目的だね。

電源を入れ直したらルーターが再起動をしているはず。
ランプの状態なども確認してみようか。

LANケーブルの状態も確認しておく

やはり普段はあまり気にしないLANケーブルも一緒に確認をしておこうね。
一度抜き差しして、カチッと音がするまで差し込めるかを確認するのがおすすめ。

LANケーブルの接続部分が弱っていると、カチッと音がしないことも。
プラスチックなので状態を確かめている間に割れてしまうということも考えられるけど。

パソコン本体とルーターの両方のコネクタを確認するといいかと。

端末を起動してインターネットに繋いでみる

ルーターの再起動が終わっていれば、パソコンやスマホなどの端末に電源を入れて
インターネットへの接続を試してみよう。

軽い不具合ならこれだけでも解消されることが多いから。
電源を入れ直してもランプの状態が正常でなければ、ルーター本体の異常もあるかと。

インターネットへの接続ができなければ、サポートセンターに連絡ってことになる。

HUMAXのルーターのファームウェアは自動更新

普通のルーターならファームウェアの更新という方法も考えられるけど・・・
ケーブルテレビ回線のルーターは基本的に自動更新のみなんだ。

インターネット回線も基本的にセットトップボックスから接続することになり
ルーター(ケーブルモデム)はファームウェアのバージョンの確認もできない。

一応過去にHUMAXのルーターのファームウェアのバージョンアップが行われたけど
その時には夜中に自動更新って形だったんだ。

断続的に回線切断が起きる、というアナウンスもあったはず。
ユーザーが自分でアップデートをすることは厳しいかと。

JCOMのサポートは3種類ある

インターネットに繋がらないという状態で、ルーターについての相談をしたいなら
JCOMのサポートに連絡が必要ということになる。

JCOMのインターネット接続サービスはJCOMネットというサービスになっている。
そちらでは独自のサポートを受けることが出来るんだ。

サポートの連絡方法としても通常の電話連絡の他にLINEやチャットでの相談受付も
利用することが出来る。

それぞれの相談方法を詳しく確認してみようかな。

電話での問い合わせはフリーダイヤル

公式サイトでは0120-999-000で受付をしていると公式サイトで確認。
受付時間が9:00から18:00まで。

年中無休での受付が可能ですが、やはり混雑することも簡単に予想できるよね。
長時間待たされることもあるので注意はしておこう。

LINEは公式を「友だち追加」をしておく

スマホアプリのLINEを使って、直接オペレーターに相談をすることもできるんだ。
ただLINEでも10:30から21:00までがチャットの受付時間になっている。

それ以外の時間でもLINEを使った相談は出来るけど、チャットでの相談は出来ない。
また18:00以降は夜間窓口になるので繋がりにくい可能性も。

このLINEでの相談をするためにはLINEにJCOM公式を「友だち追加」する事が
必要なので事前に登録をしよう。

友だち追加はJCOM公式サイトからQRコードを読み取っても出来るし、普通に
検索をしても探すことは簡単だよね。

チャット以外でも普通にトークでの質問が出来るので、24時間いつでも相談出来るのは
とても便利だね。

メールは問い合わせフォームから送信

メールでの問い合わせはやはり公式サイトから出来る。
問い合わせフォームからの送信になるんだけど・・・

問い合わせフォームに行くまでに顧客情報の入力などが必要なんだ。
はっきり言えばかなり面倒くさい。

返答がいつでもいいので確実に連絡ができる方法を使いたい、という時以外に
メールを使うという選択肢はちょっと考えられないかなあ。

しかも問い合わせをするのに「返答がいつでもいい」というのも考えにくいし。
印象としてはメールでの問い合わせはやりにくいという感じかな。

ルーターの交換は、不具合があれば基本的に無料

JCOMではHUMAX以外にも色々なメーカーのルーター(ケーブルモデム)を
使う事が出来るようになっている。

そこで、HUMAXのルーターがレンタルされてきたけれど、別の会社のルーターに
交換してもらうってことは出来るのかな。

1つ事例を探すことが出来たんだけど、こちらの場合では中継機を使いたいけれど
HUMAXのルーターでは中継機との接続が断続的になるということだった。

そこでJCOMのサポートセンターに連絡をして原因を探してもらったけれどわからず。
ルーターの交換を申し込んだということだそうで。

この時に別の会社のルーターが届いて、そちらでは問題なく中継機も使えたらしい。
交換には料金がかからなかったとか。

一応ルーターが通常通りに動作しない、その環境や使い方では不具合が出るというなら
無料での交換をしてくれそうだね。

無線LANルーターはオプションで、最初から申し込まないと料金がかかる

注意点としてはJCOMでの無線LANルーターのレンタルはオプションなんだ。
契約プランによっては無料で使えますが基本は月額500円の有料オプションになる。

そして契約時に無線LANルーターレンタルのオプションを使わずに、後から追加で
オプション加入するとモデム交換料金3,000円が発生しちゃう。

今ではスマホを使う方も多く、無線LANを使う必要性はかなり高いかと。
後から加入すると交換料金が発生するので、最初に加入するのがおすすめするよ。

HUMAXから交換するならCiscoがおすすめ

HUMAXのルーターが不安定、他の機材との相性が悪いという場合にはCiscoへの
交換をするのがおすすめ。

元々Ciscoはルーターなどの周辺機器にかなり強い会社という印象がある。
サーバー用のルーターなども取り扱っているので、安心できる商品が多いのも特徴的。

世界的にも有名で、かなりの国でシェアを持っている企業でもあるんだ。
ケーブルテレビ回線の無線LANルーターも安心できる製品として期待が出来るよね。

実際にHUMAXからCiscoに変更して通信速度が上がった、という口コミを
見つけることも出来たし。

ルーターの交換をする場合にはCiscoのルーターをおすすめするよ。

HUMAXのルーターがインターネッに繋がらない時に自分が出来ることを確認

インターネットへの接続ができなくなった時にはかなり焦っちゃうことは多いかと。
でも繋がらない時にはまず、自分が出来ることを考えてみようか。

簡単なものならHUMAXなどルーターのランプの状態を確認してみる。
回線の異常があればランプで教えてくれるからかなりわかりやすい。

それに接続回線の確認、同軸ケーブルやLANケーブルの状態も確認してみよう。
そのついでにルーターの再起動もやっておくと安心。

それでも繋がらない、ルーターのランプの異常が解消されないならサポートダイヤルに
連絡をすることになるかな。

一応最初に通信障害の情報やメンテナンス情報も確認できればいいんだけど・・・
インターネット接続が出来ない、という状況では難しい場合も。

まずは自分にできることをやってからサポートセンターに連絡すれば、状況確認の
時間が短くなるんだよね。

もしルーター交換ということになったら、おすすめはCiscoのルーターへの交換。
ただ選べるとは限りませんが、できれば希望を出してみるのがおすすめしておくよ。

-WiFiの知識

Copyright© おっさんのWiFi日記 , 2020 All Rights Reserved.