WiFiの知識

GE-PON-ONUについて詳しく知りたい!

投稿日:

今ではかなり多くの家庭でインターネット回線を利用するようになった。
特に光回線の普及率はとても高くなり、使っているといとも多いのでは?

でも光回線で使っている機材についてはよくわからない、という方も多く
実際に自分の部屋にある機材については私もよく分かっていない。

そんな光回線の機材の1つに「GE-PON-ONU」という物があるんだ。
これは一体何なのか、ちょっと調べてみた?

GE-PON-ONUは光回線終端装置の1つ

調べてみるとGE-PON-ONUというのは「光回線終端装置」という商品だそうで。
簡単に説明すれば、光回線の最後に接続する装置ということらしい。

ただ意味もなく光回線の最後に装置をつける、ということではないようだね。
GE-PON-ONUにはちゃんと機能が付いている。

ではなぜGE-PON-ONUをつけるのか。
これは光回線を使うために必要なものだから、ということだ。

光回線とは光ファイバーケーブルを使ってインターネット回線への接続をする
回線接続サービスの1つ。

光ファイバーケーブルは外部からの影響がほぼなく、通信ノイズも入りにくいので
かなりの高速通信が期待出来る回線サービスだ。

ただし光ファイバーケーブルには通常のパソコンで使っているデジタルデータを
通信することが出来ない。

光ファイバーケーブルには光信号というデジタルデータを使う必要があるんだ。
そして光信号はパソコンで読み取ることが出来ないという状況。

そこでパソコンと光回線終端装置をつなぐことで、デジタル信号を光信号に変換して
光ファイバーケーブルを通信できるようにしているんだ。

つまりGE-PON-ONUは光回線を使うために必ず必要になる機材、ということだね。

現在使われているGE-PON-ONUは2種類

GE-PON-ONUが光回線を使うために必要な機材ということが分かったかな。
でも普通にGE-PON-ONUと聞いたことがある人は少ないかと。

実はこれ、光回線終端装置の商品名なんだよね。
通常は光回線終端装置のことを「ONU」と呼んでいる機材だとか。

そのONUの種類の1つの商品名がGE-PON-ONUということで。
はっきり言えば商品名っぽくもないんだけどねえ・・・

ただ現状日本国内ではこのGE-PON-ONUという商品名のONUは2種類あった。
GE-PON<>A GE-PON-ONU<1>2とGE-PON-ONUタイプD<1>2という2種類だ。

やっぱり全然商品名っぽくはないのですが、おれの家にあるONUを調べてみると
確かに「商品名」としてGE-PON-ONUタイプD<1>2とかいてあったのがちょっとビックリ。

つまりGE-PON-ONUというのは光回線終端装置の商品名の1つ、ということになるんだね。

ONUは回線サービスの種類によって商品名が違う

ちなみに日本国内でもONUはかなり多くの種類が使われているんだ。
そしてその商品名の多くは、契約しているサービスの名前が関係しているということに。

例えばおれの使っているGE-PON-ONUの場合、契約しているのはNTTのフレッツ光から
光コラボに乗り換えたサービスなんだよね。

つまりONUをレンタルしたときはフレッツ光のファミリータイプだった。
そしてファミリータイプで使っているのはGE-PONという分配システムってことだ。

光回線ではコスト削減のためにPONという分配システムを使っているんだけど。
これは1つの光回線を複数の契約者で分配して通信に使うシステムのことなんだ。

このPONシステムを使うためにはNTT基地局と契約者が使う両方の機材が
同じシステムに対応している必要がある。

そのためにPONシステムが違えば、別のONUが必要になるということに。
そして使っているPONシステムは基本的に回線サービスで決まっている。

ONUの商品名を見れば、ある程度その人が契約している回線サービスの種類も
分かってしまうということになるんだよね。

ただ基本的にはPONシステムの種類と名前を全て把握していなければわからない
ということなので、あまり気にする必要はないかと。

GE-PONシステムとはGigabit通信に対応したPONシステムのこと

ではGE-PON-ONUという商品名の由来になっている「GE-PON」とはなんのことなのか。
こちらはPONシステムの1つのこと。

詳しく説明するならGigabit Ethernet PONを略している、ということになる。
Ethernet伝送システムを使っているGigabit通信対応のPONということだね。

もっと簡単に言えばPONシステムには色々な規格があり、その1つがGE-PONだ。
そのGE-PONで使うONUがGE-PON-ONUということになる。

ちなみにGE-PONというのは現在かなり主流になっているPONシステムで
NTTのフレッツ光ネクストを始め、KDDI光プラスホームなどでも使われているシステム。

他にもYahoo! BB光やeo光ネット、4G回線基地局のバックボーン回線にも使われている
PONシステムなんだって。

特徴としてはGigabitの名前の通り、1Gbpsの通信にも対応しているPONシステムで
高速通信と対応の広さがとても魅力的。

家庭用の光回線サービスでもかなり使われているので、自宅のONUの商品名が
GE-PON-ONUという人も多いのでは?

PONシステムとは光信号の多重化システムのこと

そもそもGE-PONのもとになっているPONシステムとはなんのことか。
こちらも説明しておこうか。

PONシステムとは簡単に言えば、光信号の多重化システムこと。
先ほど説明したとおり、光回線を複数のユーザーが使うためのシステムなんだ。

そもそも光回線はユーザーと回線業者の基地局をそれぞれ専用回線でつないでいた。
この場合、地域のユーザー数が少なければ十分に対応出来るんだけど・・・

でもユーザー数が増えた時に、基地局に多くの光回線終端装置を設置することが難しく
メンテナンスにかかるコストも大きな負担になってくるよね。

そこで光回線を分岐させて複数のユーザーが使えれば、基地局に置く機材が1つに
まとまって、メンテナンスにかかるコストも減らすことが出来るというわけ。

この分配のために光信号を多重化する必要があるんだ。
その多重化の規格の1つがGE-PONというわけ。

PONシステムを使うためには対応した機材をユーザーと基地局のそれぞれに設置する
というコストが必要になる。

でも最大32台への分岐が出来るPONシステムを使えば、基地局の機材が32人の
契約者までは1台だけで済むってことに。

基地局からの通信管制もしやすくなり、通信速度が上がるという副作用も出来るんだ。
多くのメリットがPONシステムにはある、ということになる。

光スプリッタは電源いらずのメンテナンスフリー

もう1つのメリットとしてPONシステムを使う場合、分岐に使う光スプリッタも
ほぼコストを考えなくてもいいという事がある。

光スプリッタは電柱にある光クロージャ内に設置されている分配器のこと。
受動粒子という光学部品を使っているので電源を使わずに利用できるというメリットが。

しかも小型で軽量、光クロージャ内にあるので基本的にメンテナンスが不要なんだ。
コストを考えずに回線分配が出来るというのは回線業者には大きなメリットというわけ。

GE-PONでは最大32分岐ですが、他の規格の場合は最大250を超える分岐も可能という
PONシステムもあるし。

現在はこのPONシステムを使うことが主流となっているということ。

GE-PONシステム以外にも多くのPONシステムがある

今回はGE-PON-ONUについて調べているので、GE-PONシステムについて色々と
確認をしているんだけど。

でも実際に日本で使われているPONシステムはGE-PONだけではないんだよね。
それ以外にも多くのPONシステムが使われているんだ。

更にGE-PONシステム以上の、後継システムも開発されている、という状態。

次世代の高速通信に合わせて、回線分岐システムのPONシステムが通信速度の
妨げにならないように開発が続けられているというところだろうか。

ただPONシステムでは回線業者とユーザーの機材、両方とも同じPONシステムに
対応する必要があるのは先ほど説明したとおり。

そのために新しく開発されたPONシステムを使うには、それに対応したONUを
用意する必要があるという問題点もあるんだけど・・・

現状基本的にONUは回線業者が提供してくれるので、レンタル料金を支払うことで
問題なく使う事ができるという状況は続くはず。

現在使われている主なPONシステムを確認

以前使われていたものを含めて、PONシステムにはどんな種類があるのか。
ちょっと確認をしてみようか。

それと、それぞれのPONシステムで使われているONUの商品名も一緒に
確認をしていくことにしよう。

GE-PON-ONUのように商品名にはやはりPONシステムの名前が含まれているのか。
そちらも一緒に見てみようかな。

・ B-PON

伝達フレームにATMを使っているため、ATM-PONと呼ばれることもあったシステムで
以前のNTTが提供するBフレッツで使われていた。

ベーシックタイプとビジネスタイプで使われていて、こちらで提供されていたのが
EX-ONUとFX-ONUという商品名のONUなんだ。

GE-PON-ONUと違ってPONシステムとONUの商品名に関係がないタイプだったねえ。

・ E-PON

こちらはB-PONと規格統一が出来なくて、別企画として提供されたPONシステム。
使っていたのはNTTのBフレッツのニューファミリータイプとか。

こちらは伝達フレームにEthernetを使っているので、その頭文字のEを使っている。
そしてこちらで使われていたONUの商品名はB-PON<>A B-ONU-E<1>だそうで。

B-PONではなく、E-PONでこちらの商品名なのか、という感じですが。

・ GE-PON

現状かなり多くの光回線サービスで使われているPONシステムだね。
すでに説明をしているのでONUの商品名などは省くとしようか。

ちなみに名前の由来はGigabit Ethernet PONの略称ってことで。

・ G-PON

NURO光で使われているPONシステムがこちら。
システムとしてはB-PONの後継として開発された。

特徴としては最大分岐数が254と多く、最長伝送距離も60kmと長くなっている。
上りの通信速度もGE-PONより速いというのもかなりの魅力だね。

ただNURO光ではONUの商品名を調べることが出来なかったんだ。
名前との関連性についてはちょっとわからないなあ。

・ 10G-EPON

こちらはGE-PONの後継システムで、現在auひかりですでに利用が開始されている。
名前は10Gigabit Ethernet PONの頭文字を取っているんだとか。

フレッツ光クロスやauひかりホーム10ギガなど、次世代の高速通信に対応した
PONシステムと言われているねえ。

現状のauひかりのONUの商品名はひかりoneホーム用ONUなので、こちらも
正確にPONシステムとの関係性は感じられないかな。

今後の高速通信に対応したPONシステムは開発されている

すでに10G-EPONシステムで上り下り10Gbpsという高速通信に対応している
PONシステムがサービス提供されている状態だ。

でもそれ以外にも、携帯電話キャリアの5Gサービスが開始される予定もある。
これのバックボーン回線として使われる光回線のPONシステムもすでにあるらしい。

10Gbpsを超えるのは普通で、上り下りともに40Gbpsという通信速度に対応した
PONシステムもすでに開発を完了していると言われている。

それに5Gサービスのバックボーン回線に使われるPONには下り100Gbpsを超える
通信速度に対応しているとか。

今後も高速通信が期待できる光回線では、それに対応したPONシステムと
ONUも開発されていくという予想ができるよねえ。

回線業者側にはONUと対になっている機材がある

GE-PON-ONUを使うPONシステムについて詳しく確認してみた。
サービスを変えるたびに自宅のONUも変更する理由というのが分かったかと。

でもGE-PONシステムを確認していると、PONシステムそのものにはONUと
対になる機材が必要になることが確認できる。

そもそも光回線はユーザーと回線業者を直接光ファイバーケーブルでつないで
そこからインターネット回線に接続する、というサービスを提供していること。

これを分岐させたのがPONシステムだよね。
でもPONシステムを使うためには機材も対応させる必要があるのは説明の通り。

つまり「回線業者側の機材もPONシステムに対応させる」ということをしているんだ。
では回線業者側の機材とはなんなのだろうか。

ONUと対になる回線業者の機材についても確認をしてみることにしようか。

OLTはONUと対になる回線業者側の光回線終端装置

光回線契約ユーザー側にはGE-PON-ONUのようにONUが光回線終端装置として
設置されているのは説明したとおり。

これと同じように、個人向けに設置されたONUと対になっている回線業者側の
回線終端装置がOLTという装置なんだ。

Optical Line Terminalの頭文字でOLTという。
ONUが設置されているPONシステムでは回線業者側は必ずOLTが設置されていることに。

SLTはDSUと対になる光回線終端装置

回線業者側にはもう1つ、SLTという光回線終端装置がある。
Subscriber Line Terminalの頭文字でSLTということに。

基本的にはOLTとおなじく回線業者側に設置されている機材なんだ。
でもこちらは集合住宅で使われるDSUと対になるように設置されている機材ということ。

DSUとはDigital Service Unitの頭文字で、集合住宅などにつけられている
回線集約装置のようなもののこと。

共有部分に設置され、ここに光回線を引き込んで光回線を使えるようにする。
DSUからは各契約者の部屋まで、建物で採用されている分配方式を使うことに。

基本的にDSUでは送受信に別々の光回線を使う2芯式になるので、回線業者側の
機材もそれに対応したものが必要になる。

そのためにSLTを使うということになるんだね。

GE-PON-ONUにはホームゲートウェイもある

今までGE-PON-ONUという商品名のONUについて、関連すると思われることも
まとめて調べてきた。

ただ「GE-PON-ONU」という商品名の機材には他にも種類があったのに気がついた。
ONUとゲートウェイ機能がセットになっている商品も同じような商品名だったんだ。

簡単に言えばGE-PON-ONUタイプD<1>2とホームゲートウェイを一体化した商品が
GE-PON-ONUタイプE<1>2とGE-PON-ONUタイプG<1>2という名前になっている。

NTTからレンタルされるホームゲートウェイは、こちらの商品名になっているね。
商品名はかなり似ているのですが、こちらはONUではないのだろうか。

機材の種類で言うならこちらは「ホームゲートウェイ」ということになっている。
ではONUとホームゲートウェイの違いとはどこにあるんだろうか。

ホームゲートウェイは電話回線との分配機能が付いている機材

基本的にGE-PON-ONUでもこちらの機材がレンタルされるのは電話を使っている
またはIP電話に加入した場合ということになる。

一戸建て住宅に住んでいて、光回線とは別に固定電話の回線を持っているという方は
ホームゲートウェイの必要がないということ。

光回線の契約をして、その光回線を使った固定電話サービスを契約した場合には
必ずホームゲートウェイがレンタルされることになっている。

またIP電話を契約しない場合でも、集合住宅で電話回線を使った分配方式のVDSL方式
での光回線分配をする場合にはレンタルされることも多いとか。

ホームゲートウェイとは光回線をパソコンなどのインターネット回線とIP電話の
電話回線で分けて使うための装置という説明があった。

光回線ではなく、電話回線を使う場合にも利用されることになる。
集合住宅のVDSL方式では一度ホームゲートウェイを通さないと電話が使えなくなる。

そしてホームゲートウェイには基本的にONUが内蔵されている。
商品名が似ているのは使っているONUが同じだと考えられるかな。

ホームゲートウェイも回線業者からレンタルが出来る

途中で説明していますが、ホームゲートウェイも基本的にはONUと同じで
回線業者から提供されているという状態。

WiFiルーターのように個人で購入する必要はなく、回線業者やプロバイダから
レンタルされることになっている。

これはONUでも同じこと。
やはり個人で用意するものではなく、回線業者がレンタルをして提供してくれている。

また最近注目されているIPv6方式の通信では、ホームゲートウェイを使うことで
対応ができる場合も非常に多いのが特徴。

そのためにIP電話の契約をせずにホームゲートウェイのレンタルをしたい、という
ユーザーに向けてサービス提供もされているはず。

それを考えると自分で購入してホームゲートウェイを利用したい、という方も
いるかと思いますが、おれはおすすめしない。

ONUはちょっと特殊な装置なので、回線業者からレンタルされたもの以外を使って
通信ができなくなる可能性は非常に高いんだ。

IPv6方式の通信をする場合は、プロバイダなどのサポートダイヤルに連絡をして
相談してIP電話サービスを使わずにレンタルできるのか確認をしようね。

GE-PON-ONUが故障した場合は契約によって連絡先が違う

GE-PON-ONUは基本的にいつでも電源を入れっぱなしで使う機材だよね。
その装置の状態を知るために、本体にはランプがいくつか付いている。

そのランプは回線の状態や本体の状態を確認するために見ることが多い。
わかりやすいので言えば「電源ランプ」が点灯していれば電源が付いているということ。

ランプの種類はONUの機種によっても変わりますが、UNIランプやLINEランプなど
多くの機種で使われているランプもあるんだ。

これらが点滅、または消灯や別の色になっている場合にはONU本体もしくは
回線に異常があるということになる。

ランプの状態による異常の確認はGE-PON-ONUなどの説明書を見てもらうとして
今回はONU本体の故障が疑われる時にどうすればいいか、を考えてみようか。

基本的には交換修理になるはずで、契約先に連絡をして交換をしてもらうことに。
ただどこに連絡するのかは、契約している状況によって変わるんだよね。

フレッツ光とプロバイダを別に契約しているならNTTに連絡

まずは回線とプロバイダを別々に契約している場合について。
単純にフレッツ光とプロバイダと、それぞれを契約している場合について確認をしよう。

この場合はわかりやすく、回線を使うためにレンタルしている機材のGE-PON-ONUが
故障しているのでフレッツ光を提供するNTTに連絡をすることに。

そもそもGE-PON-ONUにはNTTのロゴが入っているので、機材レンタルをしている
NTTに連絡をするのはとてもわかり易いよね。

フレッツ光のサポートダイヤルに連絡をして状況を伝えれば、多くの場合は交換修理
ということになるかと。

NURO光の場合はSo-netのNUROテクニカルサポート

NURO光の場合は、基本的にNTTのフレッツ光と同じように回線提供業者に
連絡をすることになるんだけど。

ただ、NURO光の場合はプロバイダがSo-netになり、こちらが全ての窓口になるため
基本的にはSo-netのNURO光対応窓口に連絡する、ということになる。

ONUの故障が考えられる場合には、NUROテクニカルサポートに連絡をして
状況によっては交換修理を頼むということになるかな。

交換修理にかかる日数は大体3日間程度で、故障の状況によっては修理費用が必要。

連絡方法が色々と用意されているというのがNURO光のサポートの特徴だね。
電話の他にもメールはもちろん、チャットやLINEでの連絡が出来るってのが特徴的。

電話がつながりにくい場合には、他の連絡方法を試してみるのをおすすめするよ。

光コラボの場合はプロバイダに連絡をする

ちょっとややこしいのが、光コラボを契約している場合。
光コラボはNTTのフレッツ光回線を使った、プロバイダ一体型のサービスのこと。

料金体系がフレッツ光回線とプロバイダ料金をセットというのが光コラボ。
しかもセット料金になっているので、別々に契約するよりも安くなっていることが多い。

それに光コラボならでは割引などもあるので、かなりお得に使えることが多く
フレッツ光から乗り換える方もとても多いらしいね。

でもこの光コラボの場合、回線がフレッツ光なのでONUはNTTから貸し出されている。
光コラボとしてNTT以外から申し込みをした場合も、同様にNTTがレンタルをしている。

ただ月額料金を含めて、全ての窓口は光コラボを提供している業者になっているんだ。
故障したときの窓口も機材のレンタル元ではなく光コラボ業者ということに。

そして光コラボ業者への窓口は基本的にプロバイダになる。
つまりONUが故障した時にはプロバイダに連絡をするということになるかな。

NTTからのレンタル器材のONUですが、窓口はプロバイダになっているので
まずはプロバイダに連絡をするというのがちょっとややこしい。

フレッツ光から光コラボに乗り換えた場合もプロバイダに連絡

光コラボはフレッツ光から簡単に乗り換えができるという魅力もある。
しかもこの乗り換えでは基本的に機材はそのまま使い続けることになるんだ。

NTTでフレッツ光を契約した時にレンタルしたONUもそのまま使い続けることに。
そのONUが故障した場合にも、連絡はNTTではなくプロバイダにするんだ。

光コラボに乗り換える時にプロバイダを変更しているなら、レンタルした当時からは
全く関係ないところに連絡をすることになるんだけど・・・

光コラボの場合は連絡先がまずプロバイダということになっている。
実際にはそこからNTTに連絡が行って、交換修理になるんだけど。

ユーザーが窓口を飛ばして直接連絡しても、正式な手続きができなくなっちゃうんだ。
光コラボの場合はすべての窓口がプロバイダ、ということを覚えておこうね。

auひかりの場合もプロバイダに連絡

光回線サービスの中でも光コラボと同じように複数のプロバイダから選べるのが
auひかりというサービス。

こちらの場合も基本的に窓口はプロバイダになっている。
つまりONUが故障した場合にはプロバイダに連絡をすることになるんだ。

KDDIサポートセンターという窓口がありますが、こちらはauのプロバイダを
選んでいる場合の連絡先だね。

別のプロバイダと契約しているなら、そちらに連絡をすることが必要。
連絡先は各プロバイダのサポートダイヤルにかけることになる。

故障かなと思ったらまずは電源を切ってみる

GE-PON-ONUに限らず、多くのONUはかなり簡単な接続方法になっている。
ただ多少の不具合でも動作がおかしくなることはよくあることだよね。

インターネット回線に接続が出来なくなった時、すぐにONUの故障を疑わずに
まずは自分でできることをやってみることをおれはおすすめする。

ケーブルの確認、接続部分が古くなって抜けやすくなっていないか。
途中で家具の下敷きになって断線しているところはないか。

これが原因でインターネットに接続できない、ということは結構多くあるんだ。
まずは確認をしてやってみよう。

ケーブルがしっかりと接続されているなら、ONUやWiFiルーターの簡単な不具合が
考えられる。

一度電源を切って、再起動させてみるのもおすすめ。
リセットボタンがあれば押してみて、再起動できるか確認してみよう。

簡単な不具合ならこれで解消されることも多くある。
まずはこれらをやってみて、それでも接続できなければ連絡って感じかな。

これらはサポートセンターでも一度試して、と言われるので先にやっておくと
余計な時間がかからずにスムーズに状況を伝えることが出来るようになる。

状況改善ができなくても、全てが無駄にならずに連絡するときの手間が省ける
というメリットもあるので、まずは出来ることをやってみよう。

GE-PON-ONUのホームゲートウェイではリセットに注意

電源を切る、リセットをするという場合に一つ注意点があるんだ。
GE-PON-ONUでもホームゲートウェイの場合はちゃんと状況を確認しておこう。

同じ商品名のGE-PON-ONUでもホームゲートウェイ機能があるONUの場合
ファームウェアの自動アップデートをしているってこともある。

パソコンで使う周辺機器には、その機材を正確に動かすためのプログラムの
ファームウェアというものが最初からインストールされているんだけど。

ただファームウェアも古くなると、最新の機材に対応できなくなるのでアップデートが
必要ってことになる。

WiFiルーターなどはユーザーが自分でアップデートをしている。
でもGE-PON-ONUのホームゲートウェイでは自動的にアップデートをしてくれるんだ。

サーバーに更新データがあれば自動的にダウンロードして適応させている。
ユーザーが行う作業は何も無い、って楽ちんなこと。

でもこのアップデートをしている最中に電源を切ってしまうと、ホームゲートウェイを
正常に動かすプログラムが壊れてしまうんだ。

つまりONUとして作動しなくなってしまうということに。
アップデート作業中はランプの状態ですぐに分かるようになっているはず。

リセットや電源を切る場合、まずはGE-PON-ONUのランプの状態を確認してから
行うように気をつけて。

ONUは登録されている機材なので勝手に交換してはいけない

必ずレンタルされているけど、その性能などはよく分かっていなかったONUのことを
少しは分かってもらえたかと。

GE-PON-ONUに限らず、ONUは光回線には欠かすことが出来ない機材なんだ。
出来る限り大事に使っていきたいところだね。

ただどうしても故障をすることはあるし、基本的には経年劣化に関する故障では
交換修理も無料で行ってもらえるんだ。

ただしぶつける、踏みつけるなどで破損させた場合には当然ですが修理費用が必要に。
これを隠すためにオークションサイトなどで購入を考える人もいるようだけど・・・

先ほど説明したとおり、ONUは回線業者のOLTと対になっていてちゃんと登録された
機材のみが通信できるようになっているんだ。

別の会社のONUはもちろん、同じ会社のONUでも登録されていない機材では
回線業者側のOLTが接続を拒否することになる可能性は高い。

これはGE-PON-ONUだけではなく、他のONUでも同じことが言えるけど。
勝手に交換をするとそれだけでインターネット接続ができなくなるということも。

同じ商品名だから、同じ型番だから使えるというわけでは無いんだよね。
交換したい時には必ず窓口に連絡を入れるようにしようね。

-WiFiの知識

Copyright© おっさんのWiFi日記 , 2020 All Rights Reserved.